想像以上に内容が深かった朝ドラ「カーネーション」

 
 本日から、「梅ちゃん先生」が始まってますが、今回も備忘記録として書いておきます。

 先月31日に朝ドラ「カーネーション」が終了した。今回もたいして期待してなかったが予想以上に良かった。
 まずキャストに恵まれていましたね。ヒロインの尾野真千子であることを知った時に「ヒロインにしては比較的高齢だな」と思いましたが、放送を見ると納得。若い子では、度胸がなくてあの啖呵や舌打ちなどはできません(笑)。実際の彼女は人見知りで糸子とは違うそうですが、放送で見ていると糸子の性格そのまんまにしか見えない(爆)。
 また父親の小林薫も良かったですね。モデルになっている小篠綾子の父親があまりにも矛盾した性格らしく脚本家がさじを投げて細かいことを小林薫に丸投げしたようですが、その矛盾したキャラを脚本家を含めて視聴者に納得できる形で演技したのさすがです。糸子の旦那役の駿河太郎。糸子とケンカ友達?の北村を演じるほっしゃん。そして妻がいながら糸子と恋人になってしまうす周防役の綾野剛など、魅力的な登場人物が多かった。
 そして晩年の糸子を夏木マリが演じるが、夢に向かって突撃(笑)という若い糸子とは違い、ある程度落ち着きつつ夢に向かって動き出す糸子を見事に演じていた。

 こういったドラマだと脚本がダメだと台無しになるけど、脚本を担当した渡辺あやの脚本も良かった。 あえて糸子の死や死後までドラマにするのは賛否要論あったかもしれないが。

 ここ2年の朝ドラは当たり続けているので、そろそろ不作が出るのが怖いと思ったりしています(苦笑)。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

勝手に「おひさま2」を期待

 
 今日から新ドラマが始まっているが、いつもの如く備忘記録として書いておきます。

 朝ドラ「おひさま」が先週の土曜日で終了したが、予想以上に楽しめた。脚本は、朝ドラ「ちゅらさん」で好評だった岡田惠和でしたが、過去好評だった脚本家が再度朝ドラに挑戦するとあまり面白くないことが多く危惧していた。しかし放送が始まってみると、予想以上の出来でした。

 私がこのドラマを評価するのは、当時の人の気持ちになって書かれていることでした。例えば、真珠湾攻撃に成功したという一報で学校中が大喜びしていたシーンなどです。当時の国民の多くは、英米との戦争がいかに無謀で、どのように戦争を終わらせるかすら考えられずに始めた杜撰なものであるなど知るはずがないのだから。現代の教育を受けていると大河ドラマみたいに「戦争はいけない」と考えてしまうが、当時は違う教育を受けていたり価値観が全然違ったりすることを忘れてしまうだよね。
 もちろん私は、戦争がいいとは思ってません。念のため書いておきます。
 「「ちゅらさん」だとコミカルな脚本が好きだったけど、今回は戦時中も扱う重い内容になるはずだから、あまりコミカルな部分は期待できないな」とドラマ開始前には思っていましたが、これも裏切ってくれました。空襲の防災訓練で自宅に水をかけつづけたら、雨漏りが止まらなくなったシーンとか最高でしたね。それと旦那が復員してきたら、驚いて腰抜かしたとか(笑)。あと、気まずくなると、いきなり周りの人の物まね始めるなど、面白さも決して失わないドラマでした。母の病死や、兄の戦死など悲しいシーンもいっぱいあったんだけど、あまり気が重くなく視聴できました。戦後になって嫁ぎ先の蕎麦屋が再開すると、安心して視聴できるようになりました。

 ただ最終回だけは、無理矢理終わらせたというイメージが強い。「おひさま2」を製作して、もっと面白い話が続くことを期待しております。ちゅらさんが、田中好子が亡くなって続編作るのが難しくなってしまっただけに・・・。

 
 
 
 
 
 

戦時中の描写に優れていた朝ドラ「おひさま」

 
 今週、朝ドラ「おひさま」では終戦となった。戦争が出てくると、今の基準での反戦思想が出てくるドラマが多い中、「おひさま」はフィクションながら、私を満足させる内容だった。

 例えば、真珠湾攻撃が成功の報を知ると学校中でバンザイをしている描写などだ。この時国民の大部分は米英との戦争を支持していた事実さえ現在の国民は忘れ去られているが、このドラマではそうではない。空襲が続き、「日本は負けそうだ」と分かっていながら、「これだけ犠牲を出したのだから勝って貰わないと困る」という気持ちも理解できる。玉音放送を聴いて「天皇陛下はこんな声をしていたか?」という感想もよく分かる。ただあの難解な文章では何を言っているのか分からない国民が多数だと思う(ラジオの雑音がひどく聞き取れなったという話も聞くし)。
 そして陽子が終戦を知ると「日本が負けたことがないから、これからどうなるか分からない不安」を感じることも当然だ。混乱したので熱出して寝込むというのはちょっと笑ってしまったが。そして暗い話や戸惑いなどが描かれたうえでの、夜に街の灯が堂々とついていて、終戦を実感するという演出も良かった。

 今日の放送で、結婚式翌日に召集された旦那が復員し、事実上の夫婦生活がスタートすることになるが、リアルさとおかしさを追求した脚本と、演技が上手いキャスト達で「地味ながらいいドラマ」を続けて欲しいと願っている。

 
 
 
 
 
 

予想以上に面白かった、朝ドラ「てっぱん」

 
 今日、朝ドラ「てっぱん」が終了した。放送前はあまり期待していなかったが、第1週のテンポの速い展開に驚かされたが、本当は優しいが不器用で優しく出来ない大阪の人々の心を動かすという、今回の脚本も見事だった。
 瀧本美織(インタビューを視聴すると役とあまり雰囲気が変わらないが)や田中初音役の富司純子はじめ他のキャストもきちんと演じていた。まあ、脚本が良くてキャストが外れというドラマは少ないのだが・・・。最終回にも田中荘の意外な展開を持ってくるとは、さすがです。

 東日本大震災の影響で、BS-Hiと、NHK総合などその他の放送では番組終了が1週間遅れてしまった、という珍しいドラマ展開になってしまったことが惜しまれる。ちなみに私は震災後BS-Hiを視聴してたので、先週視聴を終えていましたが、一応すべての放送が終わってから書いた方がいいと思い、本日書いています。

 昨年度は、「ゲゲゲの女房」「てっぱん」と予想以上にいい作品が続いたので、次回作の「ひまわり」はどうでしょうか・・・。これだけは視聴してみるまで分かりません。

 
 
 
 
 
 

ドラマを素直に感動できないひねくれ者の私

 
 先週の朝ドラ「てっぱん」は感動した。この脚本は上手くできている。

 だが「話があまりにもうまくできすぎている」とひねくれ者の私は思う。だって「娘と母親のお好み焼きが食べたい」と遺言めいたことを書くだろうか。しかも書かれた当時、娘は赤ん坊なんだから(笑)。母親が営業するお好み焼き屋が遠因となって、家出をしたなどの諸事情を知らなければ、感動しようがない。もし、これらの事情が分からないまま、尾道で遺言?を見つけて読んでも「???」とか「大阪出身だから、母親のお好み焼き好きなんだ、そのうち娘のお好み焼き食べたいんだ。」位の感じしか受けないだろう。

 そんなこと言ったら、雪山で凍りづけなったら蘇生した「おじいちゃんは25歳」とか、ビキニを着た古代の土偶の少女達?が妖怪退治をする「古代少女隊ドクーンV」なんか、あり得ない設定すぎて見られないよ、と言われば確かにそうだ。本当に私のドラマに関する許容範囲って何だろう?

 
 
 
 
 
 

ゲゲゲの女房放送終了

 
 朝ドラ「ゲゲゲの女房」が昨日終わってしまったが、「終わってしまった。残念だ。」というものである。

 ブログの過去の記事を読めば分かるが、このドラマに関して全く期待していなかった。水木しげるなど個性的な登場人物はいても、ヒロインは平凡な専業主婦。退屈なストーリー展開になりそうだ。配役もヒロインの松下奈緒は背の高い美人だし、水木しげる役の向井理はイケメンで水木しげるのイメージとは合わない。私を含め多くの人はそう思っただろう。

 だが、見事に裏切ってくれた。間延びして飽きるどころか、要所で感動させてくれる山本むつみの脚本は素晴らしかった。松下奈緒や向井理ら難しい役を見事にこなしていた。若手だけでなく風間杜夫・竹下景子・大杉漣など私には意外なキャスティングに思いながらも見事にこなしたベテラン俳優陣も良かった。

 私の朝ドラ史に残るドラマとなったのは言うまでもない。

 今回の経験から、明日以降放送される「てっぱん」に関しては何も書きません。というか、成功するか失敗するか判断する材料がありません。

 
 
 
 
 
 

長い期間を舞台とするドラマだから仕方がないか・・・。

 
 朝ドラ「ゲゲゲの女房」で水木しげるの父親役の「イトツ」が亡くなり、出演終了となった。非常に残念。
 ちなみに「イトツ」とは大食いで胃が突出して強い」という水木しげるら子供達がつけたあだ名です。芝居好きで
常識に囚われない(子供が算数で0点を取ってもけっして叱らない)という、すごく面白いキャラクターで「これぞ水木しげるの父親だ」と感じさせる。この役を風間杜夫が演じてるが、これほど似合うとは思いませんでした。そして、竹下景子が演じる夫婦の掛け合いがなくなってしまったことも残念です。

 このドラマの面白い所は、ベテラン俳優が頑張っていることと、私にはイメージしない役を演じていることです。竹下景子が気の強い女性を演じるというイメージは私にはなかったが、さすがベテラン女優です。すごく面白い。大杉漣の怖くて押しつけがましいが子供想いの父親というのは想像できましたが、これも上手いですね。

 かわいい子役が成長して出演終了(特に菊池和澄・松本春姫の姉妹役は)するなど他にも惜しまれる点がありました。

 これも長い期間を舞台とするドラマでは仕方がないこと。

 ゲゲゲの女房の放送も来週で終わりなんだよね・・・。一番残念なのは、そこだったする。

 
 
 
 
 
 

来年度前期朝ドラヒロインの名前を知って驚く。

 
 このブログの定番ネタではありますが、「NHK来春朝ドラは『おひさま』 ヒロイン・井上真央がNHKドラマ初主演」」ということです。

 井上真央みたいな有名女優をヒロインとして起用するとは、予想外でした。「オーディション受けてるはずないな」と思ったら、記事読むと直接オファーしたようですね。直接オファーした例は過去にも「宮あおい」や「三倉茉奈・三倉佳奈(マナカナ)」がいます。

 有名女優を起用したからといってドラマが面白いとは限らない。例えば、宮?あおい主演の「純情きらり」はヒロインの生死が不明まま終わるという結末などで全然ダメでした。今回の「ゲゲゲの女房」は全く期待してなかったのに、「数作ぶりのお気に入り」といったように放送されるまで分かりません。

 女優の知名度に頼らず、面白いドラマを製作して欲しいものである。NHKは視聴者から強制的に徴収した金で作っており、スポンサーの意向に左右されずに制作できるのだから・・・。

(追記 2010/08/12 20:00頃) 

 「井上が登壇した瞬間、約50人の取材陣から「まさか」などとどよめきが起きた。」(記事)という。そりゃそうだよな。

 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー