最速のブルーレイドライブを購入してみました。

 
 本人も忘れた頃にブログを更新します。 ←何それ?

 最近発売されたのLG社のPC用ブルーレイドライブ「BH14NS48」を購入してみました。BD-R最大14倍速ができるという製品です。ちなみに以前の最速が12倍速で複数製品存在しました。

 ブルーレイドライブの交換は、簡単なので何の苦労もしないと思いましたが、ケースとドライブのネジの位置が多少違い手間取りました(苦笑)。

 こういったドライブで一番困るのがメディア探しです。PC用のブルーレイドライブだと14倍・12倍・10倍速などの製品が市販されていますが、それらの速度が実現できるのは一部のメディアだけです。そもそも6倍速のディスクまでしか市販されてないのですから、6倍速でしか焼けなくても文句は言えないのです。試しに手元にあるSONY製の6倍速メディアで試すと14倍速で焼けるようです(ただし、製品によって差があると思います)。次にPanasonicの6倍速メディアは12倍速までした。そして太陽誘電の6倍速メディアは6倍速までしか焼けないようです。まあ、太陽誘電のメディアは国産なのに安いですから・・・。

 ということで試しに約23GBのデーターを14倍速で焼いてみることにしました。結果は、9分17秒で焼けました。やっぱり少し早いですね。12倍速では10分以上だった気がします。 ←いい加減。
 気が短い私には、ちょうどいい買い物だと思ってます。「最近は、BD-Rにも大容量の3層や4層のメディアが登場しているので、それも焼けたらな~。でもメディア高いから対応ドライブまだいいや」と思っていましたが、この記事書くために公式HPを見たら3層や4層に対応しているようでした。まさか1万円しないドライブで対応しているとは思わず、びっくり。

 本当は、14倍ドライブなんかは日本の国内メーカーが開発して欲しかったのですが、円高デフレの影響で開発力が落ちてしまったのでしょうか?こういった光学ドライブの世界も日本企業がかなりあったのですが、多くは撤退または縮小しているようです。残念です。「こういった日本企業を守るために、過度な円高の是正とデフレ脱却とでそれを担保する日銀法改正は必要である」という、脱線した結末で終わるのでありました(笑)。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

やっぱり情報のないモデルに手を出さない方がいい。

 
 最近秋葉原でLG製のブルーレイドライブ「WH12LS38K」が販売されている。海外モデルということで格安なので購入してみました。バルクながら、取付ネジ・S-ATAケーブル・SATA変換電源ケーブルも付属しているので、取付の容易です。さて、付属のバンドルソフトをインストールしたら、驚きました。なんと私の場合だと、ライティングソフト「Power2Go」がインストールできません。なんで?せっかく12倍速で焼こうとしているのに書き込みソフトがないんじゃ、意味がありません。ちなみCD-ROMににプログラムは入っているのですが、直接「SERTUP.EXE」をクリックしましたがダメでした。なんででしょうね。

 結局、別なLG製のブルーレイドライブに入っていたバンドル用CD-ROMから、ライティングソフト「Power2Go」インストールし直しました。無事BR-Rで12倍速で焼けました。めでたし。めでたし。でも、ライセンス上大丈夫なのだろうか?ダメですか。でも、付属のCD-ROMからインストールできなかったので許して下さい・・・。

 あと、付属のDVD・ブルーレイ視聴ソフト「PowerDVD9」は、3D対応のようですが、CPRMに対応してないので地デジのレコーダーで録画したDVDをそのままで視聴することはできません。ただ、ハードの方は対応しているので、CPRMに対応している視聴ソフトにすれば再生は大丈夫です(確認済)。

 どうしても12倍速で安く焼けるドライブということなら購入する価値はありますが、そうでなければ10倍速の「WH10LS30」の方がいいかもしれません。最近の付属のバンドルソフトも「PowerDVD10(多分CPRM対応)」と新しいようですし・・・。

 
 
 
 
 
 

スマートフォンを購入してから1ヶ月だったのか・・・。

 
 スマートフォンを購入して、もう一ヶ月が経過しました。毎日ドタバタしているとはいえ、時の流れるのは本当に早いです。購入時には、「使いこなせるのかな?」と思っていましたが、文字入力も結構慣れました。ただ、キーボードと比較すると非常に入力しずらく、140字以上は入力したくありません(笑)。

 意外だったのは、メインのプラウザが決まっていないことでしたね。一番多く使っているのは、画像を圧縮して受信しているので速度が速いとされる「Opera Mini」です。ただ「Opera Mini」はFlashには対応してないので、「Opera Mobile」を使ったりしています。さらにパスワードが必要なものには、PCと同期できる「Firefox」を使っています。アンドロイドの純正プラウザもあるので、使えるプラウザは4種類って・・・、と自分でも思います(笑)。そのうち絞りたいのですが、難しいかも知れません。こうやってソフトのインストールやアンインストールができるが、スマートフォンの魅力でしょうね。

 今の機種をどれだけ使い続けるか分かりませんが、しばらく使ってみようと思っています。次はやはりデュアルコア搭載の機種がいいですね。

 
 
 
 
 
 

UVD3に釣られちゃいました・・・。

 
 私は、「Radeon HD6XXXシリーズ」が販売された時に動画支援機能「UVD3」が搭載されていると聞き興味を持っていた。その目的は、動画支援機能によってPCが少しでも軽くなることを願ってだ。だが、GPUの常として消費電力の制約がないハイレンジの製品が優先される。当然、補助電源が必要となるので、今まで購入を控えてきた。

 今週、AMD社の「Radeon HD 6450/6570/6670」が販売されたので、徹夜明けでしたが、早速購入してみました。ただ昨日時点では、SAPPHIRE製のグラフックカードしか店頭に並んでいませんでした・・・。震災の前までは、Radeon HD5670を使っていたので後継の「6670」にするか、現在節電用GPUの「5450」の後継「6450」と、どのGPUにしようか迷いましたが、とりあえず中間を取って6570に落ち着きました。VRAMも2GBのも販売されていますが、DDR3の1GBです。

 ハードを変更したので「Windows Windows エクスペリエンス インデックス」を動かすと、「グラフックス」で「6.8」という予想以上に高い数値が出ました。私は「5くらい評価されればいいのにな」と思っていたのですが。ちなみにVRAM512MBの5670のスコアは7.0でした。VRAMのせいかもしれませんが、下から2番目のGPUだから、どんだけ評価高いのでしょう。まあ、ベンチマークテストやゲームでもやらない限りその性能の高さを実感することはあまりないでしょうが。

 でも、1スロットのみの6670が販売すれば購入しちゃう気がします・・・。

 
 
 
 
 
 

無線LAN接続に一苦労(苦笑)

 
 先週末は、外出した上モバイル環境がなく1日分TLを読めなかったが、今週はポケットWi-Fi端末が届いたから大丈夫と思っていたら、慣れない無線LAN設定で一苦労しました(苦笑)。

 一番の原因は、私が説明書を熟読しなかったことです(笑)。いつもだと適当に見ても設定できてしまうのだが(単なる偶然?)、今回は全然ダメでした。しかも、「接続できない」と苦労していたら、単に無線LANをONしてなかったという単純ミス(今まで使ってなかったから切っていた)という単純ミスも重なった。いやはや。

 苦労して、なんとかネットに接続できるようになりました。無線LAN接続は、LAN側でWi-Fi端末探さないといけないから接続に時間かかりますね。これなら今までのUSB接続の方が早いような気もするが、USB接続だとダイアルアップ型式(懐かしすぎる)だし、ネットブックの3つしかないUSBボードの1つを使うのは厳しいのだ。しかも1つは、ReadyBoost用のUSBメモリーが常駐しており、もう1つはマウスに接続している。そしてUSBのモバイル端末を接続するとUSBの空きがないのだ。今までの環境だとネットに接続しながらCDやDVDドライブを動かすのが厳しい環境にあった(重くなるのでそんなことやらないけど)。
 これが無線LANにより解消したのは大きい。パソコンに限らず、他の無線LAN機器にも接続できるようだし。

 まだまだ無線LAN接続に慣れていませんが、徐々に修行していきます(笑)。 

 
 
 
 
 
 

イーモバイルさんお世話になりました・・・、じゃなかった

 
 ネットブックを購入して2年経過したので、イーアクセスさんとのモバイル通信契約を解除しました。いわゆる100円パソコンを購入する(私のはメモリー増設済みのPCを購入したので100円ではなかったが)には、イーモバイルとのモバイル通信契約が必要なのです。途中解約されるとイーモバイルさん大損してしまうので、当然携帯電話でお馴染みの2年縛り有りです。今月は2年目で契約解約料が最小になるので、解除することにしました。

 PCのモバイル通信は、自宅にいない時期(盆正月やGWなど)に使っているだけど、使用量が時期によって使用量が全然違うだよね。来月以降の最低料金が2,000円だし、定額料金の無料プラン変更のご案内も頂いたが、定額で使うほどモバイル平均的に使ってないので解約することにしました。

 サービスカウンターで直接解約手続きとったんだけど、「2年の区切りで解約する」と言ったらさほど説得されずに解約してもらった。どうやら私をネットブックを購入目的で契約し、モバイル通信をほとんど使っていない人だと思ったようだ。それも半分は正しいだけどね。

 これで「イーモバイルさんの回線はもう使いません」ということには実はならない。直接契約よりも最低金額や最高金額もさほど高くないプロバイダーとの契約でイーモバイルさんの回線を使う予定であり、既に申し込んである。まだ端末は届いてないけどね。

 今回の解約に付き、部屋の中から懸命に契約時に渡された箱を探した。だが実際にやるとUSBメモリーの形のカードから職員がSIMカードを抜き取って通信できなくするだけで、終了となった。箱もUSBメモリー形の返却も不要だったようだ。せっかく、苦労して箱探したのに・・・。まさか無駄になるとは(溜息)。

 直接の契約はなくなったけど、イーモバイルのネット回線は、今後お世話になります。こうような事を書いて公開するのは心苦しいが、私もお財布がちと厳しいので・・・。まあ「メイド関連の支出を抑えればいい」というご指摘には何ら反論しませんが、私にとっての効用が違うということで、ご容赦を・・・。

 
 
 
 
 
 

PC電源交換を苦労させた予想外の原因。

 
 原発の影響により、節電が叫ばれるご時世に協力するために節電に役立つ電源を購入することにしました。だが、これがトホホの始まりでした。今考えると日本や私にとっても最悪の3月であることを忘れていました・・・。

 とりあえず手頃な価格の「80PLUS GOLD」対応した電源(一般的に省エネのランクが高いものは価格も高い)を購入して取り付けたが、ちょっとケース背部のファンが動いた後、一切動かない。正しく接続しているか確認したが、何の間違いもない。いろいろ考えて、ようやく結論が出ました。それは「電圧」の問題です。今まで使ってた電源は、90Vから対応していたのですが、今回の電源は100V。「電源が足りずに保護装置が働いて起動しない」と解釈するのが自然です。ここまで分かれば「今まで使っていた電源に戻してやれやれ」で終わりですが、今まで使っていた電源でテストしていたらいきなり異臭がして電源がこげまてました・・・(原因はいまだ不明)。ということで、また電源を買い直しとなりました・・・。

 90Vでも安定動作する電源を探しましたが、秋葉原でも大容量なものは見つからない。以前に使っていた型式の電源はもう店頭はない。そして90Vでも安定動作する電源と表示している電源は最大でも600W。以前使っていたのは、650Wあったのに・・・。「80PLUS BRONZE」に認証を受けている90V安定動作する電源を購入しました。実際には650Wも必要しない計算なので。

 新規に購入した600W電源で起動したら、いまのところ何の問題もなく動いています。前に購入していた電源(「80PLUSのみ」)は、念のために90V安定動作電源を購入しただけで、本当に必要とは考えていなかったのです。そのことを思い出したのも、電源に貼られていたスペックを見たからでして・・・。

 しかし節電に協力しようとして、トンデモないドツボにはまってしまった・・・。


 
 
 
 
 
 

自作PCで節電と性能をどう選択するか・・・。

 
 地震の電力不足の中、関東で節電をしないのは肩身の狭いです。

 それでもメーカー製PCよりは、節電をしようと思うとできるのが自作PCの強みかも知れません。そこで、私もささやかながら節電対策をしてみました。列挙すると、

 1)PCのカバーを外し、CPUを冷やすカバーに付いたファンを停止。
 2)液晶モニタを暗くして液晶の電力を多少節約。
 3)DVD-RドライブとBD-Rドライブ2台使っていたので、DVD-Rドライブを一台停止。
   (BD-Rドライブには、DVD-R20倍速以上の書き込みができるドライブがないため2台使ってました。)
 4)グラフックカードをファン付きのミドルレンジからファンレスのローエンドに変更
  (ゲームをしないので大差はない)。

 あと、力率のいい電源の交換(80PLUS)なども考えられますが、もともと80PLUSの電源を使っているためさほど節電にはならないと思います。とはいえ、より力率の高い「80PLUS GOLD」に買い換えるのも検討してみたいと思います。節電とは言え、初期投資のお金次第ですが・・・。

 一番良いのは、パソコンを使わないことで、次にバッテリーでの動作が前提に作られているノートPC(特にネットブックだとTDWが低いCPU)が使われていますが、画面が小さいのと性能が低いので、計画停電時の予備用としてのみ使用しています。

 要するに性能と省電力のトレードオフですね(普段はPCのスペースもあります)。どこで妥協するかが難しいところ。 

 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー