本年もよろしくお願いします

 
明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

私的に今年を振り返る

 
今度は、私的に今年を振り返ってみたいと思います。

まずメイド喫茶では、常連となった店が相次いで閉店して半分難民になっています。メイド喫茶店の開店も減っているので、この状況が改善する見込みはありませんね。

PC関連もBlu-ray化以外は、特に拡張はしませんでした。それでも20GB以上あるPCのバックアップデータを保存するには便利ですね。

今年一番の変化は、スマートフォンの購入でした。確かに通信費は高いですが、どこでも手軽にネットに接続できるのはいいですね。フリック入力も携帯電話の入力よりも楽です。

震災の影響もあり、私的にもいろいろありましたが、今年もなんとか終わりそうです。

来年は、少しでもいい年になるといいのですが、それもあまり期待できませんね。

最後までグタグタな内容しか書けない私でした(苦笑)。

 
 
 
 
 
 

激変の2011年がようやく終わる。

 
 激動の2011年が、明日でようやく終わる、と感じてしまうのは今年だけだろうか。

 「平凡な年だな」と思ったら、3月11日ですべてが変わった。千葉に住んでいる私でさえも、電車が止まり道路の大渋滞による帰宅難民になったり、ガソリン・食料・電池など買い占め、そして計画停電の実施により、人生最悪の春になってしまった。そして、目立たなくなっているが、その混乱は原発停止による電力不足など現在も続いている。

 天災による影響だけでなく、人々の意外な考え方や行動に驚かされた一年だった。例えば、ネット上で「放射脳」や「ワーワー教」と揶揄されている、「放射性物質に関する過剰反応しすぎの人達」である。「悪い事は何でも放射性物質のせいだ」と考えてしまうのは、笑いが止まらないのと同時に、なんとかならないのか」と思ってしまう。そして、福島など被災者を差別するような発言に関しては、批判するしかない。

 そして「狂っている」と評するしかないのが、政府日銀だ。政府に関しては、平時の感覚から抜け出せぬ遅い判断と、杓子定規の法令解釈に終始した。これらの行為によって「政府の信用が失われた」一年であった。日銀も震災や過度な円高など金融緩和が必要な場面が続いているが、そんことは関係ないらしい(涙)。そして復興予算が遅れに遅れてしまっている。

 驚くべきは、財務大臣なのに円高に「注視する」として逃げ続けたり、復興補正予算に消極的な野田氏が民主党代表選に勝利し、総理になってしまったことである。野田氏を支持した民主党議員は、「人の見る目がない」としか言いようがない。
 そして、復興増税や消費税増税という、震災や円高デフレという状況ではあり得ない選択をしていることである。そしてその結果は増税が実施されば、確実に分かることであろう。

 って、書いていたら気が重い内容ばかりになってしまった・・・。皆様、よいお年を。

 
 
 
 
 
 

個人的な今年の漢字一文字は「狂」です。

 
話題から遠ざかりましたが、年末で忙しいということにしておいてください。 ←ウソです。

 今年の漢字は「絆」で決まったようだが、私のTwitterのTLでは批判的なツイートが多かった。確かにボランティアなどの献身的な活動、そして多くの寄付など人々の絆を実感した一年だったが、そうでないことも目立ったのは確かだ。

 個人的な今年の漢字一文字は「狂」という文字が思い浮かびました。まず大震災そして原発の影響により人生が狂ってしまった人が多く出たことです。人生が狂うどころが、津波などで人生が終わってしまった方も多数いました。

 そして震災直後の千葉では、カップラーメンなど食料の買い占めが進み店頭から姿を消しました。狂ったように人々は保存食に手を出したのでしょう。そして計画停電も実施されたので、店頭から電池(ただし9V電池とボタン電池は除く)が姿を消しました。特にひどかったのはガソリンや軽油の買い占めですね。しばらくは、「道路で渋滞している場所はガソリンを売ってくれるガソリンスタンドの前のみ」という状態が続きました。まさしく物不足によって狂っていたと言えるでしょう。

 だがその狂った状況は今でも続いています。それは、悪い事は何でも原発由来の放射性物質のせいにしてしまう、パニックによって「狂った」ような人がネット上に出てしまったことでした。特に福島の人達を差別したり、放射性物質の影響がほとんどない被災地のがれき処理を被災地以外で処理することに反対する報道が相次ぎました。これでは、今年の漢字が「絆」であることを非難するのは当然だと思います。

 そして忘れてはならないことは、この時期に増税を企てる「狂った」連中です。絆どころか、絆を利用して多くの国民を苦しめる国賊に近い人と評するしかありません。しかも、増税をしても、本格的に復興予算が出るかどうかもあやふやですし、増税によって景気が悪化すれば全体の税収が減って財政再建ができる可能性が低いという・・・。なんなんでしょう。

 
 
 
 
 
 

8月が終わった雑感。

 
 8月がなんとか終わった。「電力が足りなくなり、計画停電や停電したらどうしよう」と思った春からの想像からすると、「予想以上にうまくいったな」という感想です。暑さなどを我慢した節電に協力した皆様と、なんとか電力供給を確保してくれた電力会社の努力は評価すべきでしょう。東電に関しては、原発対応などを考えれば、まだまだ努力不足に思ってますが。
 それに8月は昨年並みの酷暑の日数が少なかったのも大きいと考えてます。原発分に相当する電力確保が簡単にできるとは思えないので、電力不足の懸念は来年以降も続くでしょうね。

 ようやく菅政権も終わり、民主党代表選で最悪の選択だと思われている野田氏が結局総理になってしましました。私のTwitterのタイムランでは、野田代表決定に関して絶望と批判の嵐でした(苦笑)。今もそうですが(笑)。野田総理は菅前総理と比較すると堅実かもしれませんが、第三次補正予算の財源に臨時増税を検討すれば、与野党の本格的な景気回復までの増税反対派と総理を始めとする増税推進派との衝突が避けられそうにない。それに、ねじれ国会で野党と妥協しつづけて政権運営をしなければいけない閣僚達と、マニフェストを遵守しないと次の選挙に負けるという民主党の国会議員との衝突も避けられないでしょう。このような状況なのに一年後には、定期の民主党代表戦があるので、野田氏の再選は難しいと考えています。
 
 このような理由で、私は野田政権は1年程度で総辞職すると思っています。まあ、地元千葉県出身の初の総理大臣に対してこんなことを書きたくないのだが、冷静に考えるとこのような予想しかできないのが悲しいところですね・・・。民主党政権は、下手に衆議院議員の任期きりぎりまで選挙を伸ばすことなく、選挙による国民の審判をうけるべきだと思います。

 
 
 
 
 
 

なでしこジャパン優勝による変な影響

 
 なでしこジャパンがW杯で優勝するのは、いいのですが、いい影響だけ出なそうです。

 たとえば、「<菅首相>「私も諦めないで頑張る」なでしこ優勝で答弁」です。総理いい加減諦めて下さい(爆)。総理とは自分が理想とする政治を実現するために必要な地位であって、自らの在任期間を長引かせるために政治を行うのではありません。だが菅総理には、「やりたい政治の中身」がないことは、脱原発依存宣言のような思い付きの方針表明によって国民に見透かされていると思います。

 そして次の弊害が「頑張ればなんとかなる」という精神論が再び台頭しかねないことです。「頑張れば何とかなる」は短期間にしか通用しません。動き続ければ、睡眠不足や過労で人は倒れるし、適切なメンテナンスをしないと機械も故障します(笑)。こういった単純な事も原発即時廃止派には理解して頂けないようで・・・(汗)。

 意外な所では、蓮舫議員がお祝いを書いたらTwitterが炎上したとか(記事)。批判された事業仕分けだって「国家財政が厳しい中財源を削らないといけない現状だ」という理解はしないといけない。確かにどの財源を削るかの問題はあったかもしれないが、それを見極めるのって専門家でも難しいと私は思います。たが予算削減はやらなければならない。
 なぜか「財政を改善させるには、税収が増える経済成長が必要だ」と認識が広まらないのが謎です。どうやら「増税なくして財政再建無し」という財務省の洗脳が効いているようです(苦笑)。

 それにしても、最近のブログはネタがないせいか、愚痴が多い。何とかしなければ・・・。

 
 
 
 
 
 

震災から4ヶ月だが、悪い予感が現実となりつつある・・・。

 
 特に書くネタがないので、今回も雑文です。

 もう震災から4ヶ月経過したのか。被災地では雪が降っていましたが、現在は猛暑ですもんね。猛暑+節電という最悪の夏にならないことを願わずにはいられません。クーラーのある避難所は少ないでしょうから・・・。

 あれから4ヶ月。田中先生と上念氏が書かれた『震災恐慌!』で書かれた「すべきでない事」の実現が進んでいます(涙)。まず予想通り、日銀は金融緩和する様子はありません。次に復興構想会議は、これも予想通り「増税推進」という提言で終えました。第3次補正予算で、復興のための増税を準備中らしい(溜息)。そして、第一次補正の少額の復興予算。しかも、まだ審議中の第二次補正も雀の涙・・・。なんと言っていいやら。消費税増税の閣議決定を民主党議員の大半が反対して流れた?のが唯一の救いでしたね。
 松本前復興大臣の辞任は、どうでも良かったです(笑)。今の大臣の方が、仕事進む可能性もあったし。

 予想外だったのが、原発の問題。福島第一原発の事故処理は数年レベル(廃炉は数十年)になることは予想していたけど、浜岡原発のよく分からない停止要請から始まり、他の原発の再開時にストレステストして安全性を確かめるとか言い出したり。電力不足でストレスを溜めているのは日本国民です。しかも、関西から西に頑張って欲しいと思ったら、関西電力から電力不足の話が出てくるとは・・・。これじゃ円高も止めないから、製造業の海外流失ますます進むよ。

 4ヶ月経過したから、震災の被害が大きくても、福島第一原発を除いて、そろそろ落ち着きだすと予想していたんだが、外れっぱなしですね。まあ、私の予想は良いことは大抵外し、悪い事は結構当たるのですが・・・・(苦笑)。

 
 
 
 
 
 

それなりにいろいろあったゴールデンウィーク

 
 GW終わって数日経っていますが、その点はご勘弁を。

 東日本大震災後初のGWになった訳ですが、私個人としてはそれなりに過ごしました。

 一番驚いたのは、5月4日朝の真冬を想像させる北風でしたね。防寒対策をしっかりしてなかったこともありますが、あの風は2月のような風でした。例年だと、屋外にいて首が日焼けしてヒリヒリするので日焼け止め購入したのに・・・。いやはや。4日午後からは風がおさまったのでやれやれでした。GWの恒例行事は、順調に終わったのは何よりです。

 さすがに秋葉原もGWにはかなり混雑しておりました。ただ皆様の財布の紐は固いようで、メイド・コスプレ関連のチラシ配り攻勢はすごかったです(笑)。GWに新規オープンしたメイド・コスプレのリフレ店に来店しましたが、生き残るのはなかなか大変そうです。といっても、これは震災以前からの話ですが・・・。特に3月は震災による店舗の被害(秋葉原古いビル結構多いので)や自粛ブームや外国人観光客の減少などの影響が出たので、ご苦労されたと思います。

 地震の復興が進まないことや原発の問題で、不透明な点も多いですが、来年のGWは今年以上に良くなることを祈らずにいられません。ただ増税されると、そうはいかないでしょうね・・・・。

 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー